ポジティブな生活

いつも前を向いていこう

浦和レッズ、2点先制しても安心できず。崖っぷちからのズラタン、関根のゴールで奇跡の大逆転劇。17位の広島に手こずる。

浦和レッズ、2点先制しても安心できず。崖っぷちからのズラタン、関根のゴールで奇跡の大逆転劇。17位の広島に手こずる。

スポンサーリンク

今日2017年7月1日(土)、浦和レッズ 対 サンフレッチェ広島。広島戦になると、フォーメーションが同じだということもあるんだろうけど、いつも苦戦する浦和レッズ。

平川 忠亮

平川忠亮選手が久しぶりにベンチ入り。背番号14のユニフォームを着るヨギーニママは、予期せぬ出来事に大喜び。

武藤 雄樹

前半終了間際に興梠慎三選手と武藤雄樹選手が立て続けにゴールを決め、2-0で前半終了。

前半2-0

前半41分までシュートもあまりなく、面白くないゲームだったので、この2点で勝負あったかなぁと思っていたら、

サンフレッチェ広島

なんと、後半2分のゴールから、アッという間に3点取られてサンフレッチェ広島に逆転され、

30,853人

30,853人の観衆も呆然。

今日は空席が目立っていて、3万を超えていないかと思うくらいだった。最近の浦和ではめずらしい。平日だったらわかるけど。

ズラタン

試合時間も残り5分になったところで、ズラタンのゴールでようやく同点。

関根貴大

ロスタイムに関根貴大選手の果敢なドリブルで、奇跡のゴール! 大逆転!

センターライン近くからの6人抜きドリブルで、サンフレッチェ広島のバックス陣を翻弄。

浦和レッズ

17位のサンフレッチェ広島相手にどうにか勝った試合でした。

サンフレッチェ広島は、ボランチの青山敏弘キャプテンを下げてから逆転されたわけだし、悔やまれるだろう。

関根貴大

それにしても、関根のドリブルは切れていた。

パスをいつ出すか、いつ出すか、と思わせながらの切り込みで、あのスピードでペナルティエリアに入ってきたら、広島のバックス陣は時間的にも足が止まってたし、反則が怖くて止められないだろう。

それにしても、最後まで関根選手は走りきった。素晴らしい!

今シーズン、トップレベルのゴールだと思う!

 

Return Top