ポジティブな生活

いつも前を向いていこう

9月13日(水)ACL準々決勝第2戦 奇跡の大逆転劇に、意思決定者の判断の難しさを見た

スポンサーリンク
9月13日(水)ACL準々決勝第2戦 奇跡の大逆転劇に、意思決定者の判断の難しさを見た

状況判断と意思決定者の役割

9月13日(水)のACL準々決勝第2戦。川崎フロンターレの鬼木監督の判断は、酷評されるほどミスだったのか。

これが経営者の意思決定だったら、どうだったのか、考えさせられた試合だった。

川崎は、0-1で負けてもいい試合

浦和レッズは、初戦を川崎フロンターレに3-1で敗れたため、2-0で勝つしかないと望んだこの試合。

レッズサポーターのヒゲパパは、この日は埼スタには行けなかったので、日テレジータスでの中継で、応援。

19分、川崎の中村憲剛から裏に出たエウシーニョへのパスに、浦和のキーパー西川が飛び出し、コロコロとゴールへ吸い込まれて川崎が先制。

おいおい、これでは3-1で勝って延長で勝たなければ準決勝には進めない。終わったな、と浦和のサポーター、ヒゲパパはガッカリ。

おそらく、川崎の選手もサポーターも、「これで勝ったな」と思っただろう。

いくら「気を引き締めて」と言っても、身体がそうは動かないものだ。

あきらめてはいけない

ところが、35分に矢嶋からの縦パスを受けた興梠が、2人のディフェンスをかいくぐり、同点ゴール。

ビックリすることが続く。

38分に車屋が興梠の顔をスパイクの裏で蹴った(ように見えた)ことで、1発退場。

川崎の歯車が狂った。

1人少ない川崎は、中村憲剛を下げてた坂を入れ、守りに入った。

この時点で2点取られなければ川崎の準決勝進出が決まる。

川崎の選手は「監督から守れのサインが出た」と思ったはずだ。

しかし、攻めて勝ってきた川崎が、守りに徹する試合運びをできるのか。

弱気な意思決定が敗因か

中村憲剛が下がったことで、浦和の選手たちは「よし、助かった」と試合後に語っている。

川崎からキラーパスが出てこなくなるので、カウンターを意識せずに攻撃に徹することができると思ったのだろう。

コーナーキック数は、浦和の14に対し川崎は1。

シュート数は、浦和24、川崎4。

川崎の後半のシュートはゼロ。

それほど、浦和は攻撃に徹し、川崎は守備をし続けた。

リスクは犯すべきか

危機に面したとき(選手が1人少なくなったとき)、意思決定者は守りに入るべきか。それとも、それまでのチームの色を生かした攻めを続けるべきか。

守るとしても、攻撃の軸を崩さずに、守るべきか。

しかし、そのような中途半端ではダメだ、浦和の攻撃に耐えられないと思ったのだろう。

だから、65分には10番の大島も下げた。

これにより、パスを出す人がいなくなった。

家長がドリブルで何度か持ち上がったが、ゴールまでは届かなかった。

負けるときは、さまざまなことが起こり、いくつかの敗因があるものだろうが、

この試合は、明らかに選手の気持ちの問題だった。

浦和は「しめた!」と思い、川崎は「まずい!」と思った。

一度チーム内にその雰囲気ができたときに、払拭できるほど強烈な力を持つリーダーは、そうそういない。

意思決定者の難しさを、あらためて考えさせられた試合だった。

 

Return Top