ポジティブな生活

いつも前を向いていこう

夏休みの葛西臨海水族園(第2話)ニモとドリーを探せ!

スポンサーリンク
夏休みの葛西臨海水族園(第2話)ニモとドリーを探せ!

夏休みの葛西臨海水族園に行ったお話の続きです。前回のお話はコチラ

葛西臨海水族園

入り口に貼ってあった「今日のプログラム」。

ペンギンの餌の時間、12時30分にはちょっと過ぎて間に合わないし、順路どおりに、普通に回ろうということになりました。

大洋の航海者

入ってすぐ、大きな水槽があります。「大洋の航海者」のコーナーです。

シュモクザメ

「アカシュモクザメ」のお出迎えです。

頭部が左右に張り出して、その先端に目と鼻腔があり、鐘を鳴らす撞木(しゅもく)のような頭の形から、シュモクザメと名付けられたそうです。

英語名の「ハンマーヘッド・シャーク」の方がわかりやすいかも。

同じ水槽にエイとマイワシが一緒に泳いでいます。

世界の海

次に、1階に降りると「世界の海」のコーナー。

世界の海

多くのお子さん連れのお客さんがいっぱいで、お魚の名前まで確認できませんでしたが、大きなお魚がいっぱい泳いでいました。

世界の海

「世界の海」のコーナーでは、熱帯のサンゴ礁から深海まで、色々なお魚が泳いでいます。

ニモ

ようやくニモ(カクレクマノミ)とご対面。

ニモ

ドリー(ナンヨウハギ)も発見。

多くの子どもたちが、「ニモ〜、ドリー!」と大きな声で呼びかけていました。

やっぱりディズニー映画、強いですよね〜

サンゴ礁

くるりんも、ここのコーナーから、なかなか動きません。

アクアシアター

ようやく目玉のクロマグロの泳ぐ「アクアシアター」にたどり着きました。

アクアシアター

2,200トンの水槽を目の当たりにすると、やっぱり迫力があります。

ペンギン

いよいよ待望の「ペンギン」コーナーのお話は、次回に続きます。

 

Return Top