ポジティブな生活

いつも前を向いていこう

サッカー日本代表センターバックの昌子源(鹿島アントラーズ)を昨日は「残念」と書いたけど、試合後の彼のコメントに感動した

サッカー日本代表センターバックの昌子源(鹿島アントラーズ)を昨日は「残念」と書いたけど、試合後の彼のコメントに感動した

スポンサーリンク

批判するのは簡単だ

昨日(2017年6月7日)の試合観戦後のブログでは、初スタメンの昌子源(鹿島アントラーズ)の動きに、「期待していたから、残念だった」と書いたが、彼の試合後のコメントを読んで、本当に失礼だったと反省した。

「失点したからって、クヨクヨしていたら、また次もやられると思うし。僕自身、Jリーグで100試合以上出させてもらっているし、その間に何十回と僕は失点に絡んできているし、そのたびにくよくよすることはないと思うので」

さらに、こう続けている。

「よく鹿島でも言うんですけど、ディフェンスは良い部分があって成長するのもそうだけど、やられて成長するポジションではあると思うので。またひとつこれで成長できるのではないのかなと。くよくよしていても次には繋がらないし。もちろん、反省はしますけどね」

これが「プロの世界で生きている男の言葉」なんだと感動した。

どれだけ恥をかいてきたか

40歳になりたてのころ、同級生と「どれだけ20代、30代で恥をかいたか」を出し合って酒を飲んだことがあった。

「40過ぎるとなかなか恥をかきたくなくなるんだよね」

「この歳になると、誰も叱ってくれないしね〜」

などと言って、笑い合ったことを思い出した。

お互い、恥をかいて成長し、人が羨んでくれる程度の地位を得ていた。

スポーツも仕事も同じ

「自分は批判する側にいたいのか、批判される側にいたいのか」

そう聞かれるとすると、答えは決まっている。

もちろん、批判される側にいたい。

それは、行動しているってことだからだ。

行動もせず、批判ばかりして、人のことを羨んでいる人にだけはなりたくない。

若いころから、そう思って行動していた。

そのことを、昌子源のコメントで思い出した。

50歳を過ぎて忘れていたってことです(苦笑

 

Return Top