ポジティブな生活

いつも前を向いていこう

「ストレングス・ファインダー」をやってみたら、いつもドラッカー教授の質問に悩まされていたことが解決できた

「ストレングス・ファインダー」をやってみたら、いつもドラッカー教授の質問に悩まされていたことが解決できた

スポンサーリンク

わたしの強みは?

「What are your strengths?」(君の強みは何かね?)

ピーター・ドラッカー教授に会うと、必ずこう尋ねてきました。もう20年以上前のことですが。

「Build on your own strength.」(強みの上に自らを築け)

この2つの言葉、ドラッカー教授の数多くある名言の中でも、特にわたし自身が元気づけられた、大好きな言葉です。

企業に対しては、御社の強みは何かを、個人に対しては、あなたの強みは何かを尋ねていました。

「何事かを成し遂げるのは、強みによってである」との名言が残っていますが、大好きな言葉である一方、わたしはいつも彼のこの質問に悩まされてきました。

それほど、自分の強みは、自分自身ではわからないものです。

ストレングス・ファインダー テスト

書籍『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう』は、4月に話題の本になっていたので購入していたのですが、バタバタだったので、ようやく今になって「ストレングス・ファインダー」のテストを受けてみました。

TOP5の資質は以下の通りでした。

1. 最上志向(Maximizer)
2. 戦略性(Strategic)
3. 達成欲(Achiever)
4. ポジティブ(Positivity)
5. コミュニケーション(Communication)

あまり驚かない結果でした。

1. 最上志向

強みを利用して、平均的ではなく最高の水準を、個人ないしは集団において追求する。単なる強みを最高レベルのものに変えようとする。

2. 戦略性

目的に向かうための選択肢を想定することができ、いかなる想定に直面しようとも、適切なパターンと問題点を直ちに予測することができる。

3. 達成欲

並外れたスタミナがあり、旺盛に仕事に取り組む。自分が多忙で生産的であることに大きな満足感を得る。

4. ポジティブ

情熱的であり、しかも自然にその熱意を人に分け与えることができる。生き生きとしており、他人に活気を吹き込み、やる気を起こさせることができる。

5. コミュニケーション

自分の考えを言葉に表すのが得意。話術に優れ、物事を印象的に説明するのが上手。

 

それにしても、やっぱりポジティブなんだぁ

ここはちょっと驚き

 

Return Top